土曜日, 9月 30, 2017

コムス(COMS):バイザーの製作

今回買った、コムス  オプションのキャンパスドアが着いていません。

 ディーラー展示用のリース上がりなのですが、展示にはドアが必要ないからなんでしょうね。

で、買ったお店で後付けしたら・・ 

って聞いてみると新車時のオプション価格は51,429円なのですが、後付けになると部品代だけで10万、取付に6万ぐらいかかるとの事

後付けで部品代がなんで上がるねん!!

と言う事で、購入時にキャンパスドアを注文しなかったのでなんとか自作してみることにしました。
走ると結構風を巻き込み、背中の方で渦巻いてる感じです。 これが雨の日だと背中がずぶ濡れになりそうです。

 純正を見ると開口部全てがドアって訳じゃなく「サイドバイザー」が着いているんですね・・

 サイドの開口部を全部ドアにすると大きすぎるし、形も難しくなるので
まずは純正と同じくサイドバイザーを作る事にしました。

作るに当たって一番懸念したのは、パイプのR加工・・・ 旨く曲げられるだろうか!?
最初色々パイプベンダーから購入、或いは作るべきか思案していましたが、ホームセンターで電工用の鋼管 E19(パナソニックの外形19φ1.2t)だと何とか手曲げできそうなので、これで作る事にしました。

まずは、適当な板の端材を使いRの型作りから始めました。
バイザーは丁度サイドミラーの視野範囲になるので、サイドミラーの視覚を遮らない様に注意して型取り。

  出来上がった型に合わせてゆっくり手でダマシ・ダマシ曲げて行きます。





 
 一気にやると綺麗な曲面にならず潰れてしまうので注意深くやりましたが、結局この曲面だけだと、弾性で戻るため曲がりが足らず型を使わず追い込んだため左右が多少いびつになってしまった・・ (^^;







次に、ボディ側は15mm巾の軟鋼の帯鋼を曲面に合わせて手曲げです。
この作業、曲げる事自体は簡単なのですが、実際にはねじれがあるためなかなか思ったようには出来ませんねぇ・・ 
一応、現物合わせしながら作ったけれどなかなか旨くは行かんなぁ (^^;







 アクリル取り付けようのタブもつけ、 左右、出来た所で塗装です。





塗装が終わればいよいよ、アクリル板の型取り。 これが一番の思案どころでしたねぇ・・

近くのホームセンターで手に入れられるのは1mmと2mmの二種類のみ
1mmは薄くペラペラな感じ、かと言って2mmでは厚すぎ三次元に曲がる曲面の加工は難しそう!!

本当は1.5mmぐらいが一番良さそうなのですが、わざわざ通販で買って硬くて曲げにくく失敗した場合のことを考え、取りあえず今回は1mmで作る事にしました。

これが幸いしてか、1mmならハサミででも切れるのでカットは楽だったわ

若干大きめに切り、あとは現物合わせで切っていきました。



 現物合わせが終われば、フレームを隠すために縁を50mm程黒く塗装
塗装は内側に行い外からは光沢がある状態の仕上がりになる予定。




 塗装が終わったアクリルをフレームに取り付ける際、結構大雑把に作ったので隙間が出来ているのと、直接タッチさせるとネジ止めしたとき走行中の振動でネジの緩みも出来ると思うので、ウレタンの緩衝材を挟むことにしました。
 最初は、屋根に使う波板固定用フックの白いウレタンを使っていたのですが、よくよく考えたらフレームを固定する際に、ボディに直に当てて傷つけるのを防ぐのに15mm巾のウレタンテープが余っていたので、片側はこのウレタンテープを貼り付けました。





  最後にアクリル板の取付ですが、ネジはメッキネジしか手に入らないので、頭を黒く塗装しての取付です。

 また、長さも短いのが無く取りあえずは25mmと言う長いので取り付けました。
まぁ、最後気になれば切ってしまえばしまいですからね



で、仕上がりはと言うと・・






















とまぁ、こんな感じに出来上がりました。
取りあえず、これで試験走行してみると 低速では風の巻き込みはかなり改善されたと思います。
でも高速になると背中と言うより頭の方に巻き込みがある感じです。

実際雨の日にでも走行してみないと詳細は分からないけどね

月曜日, 9月 11, 2017

トヨタ「コムス」

今回、変わった車を購入してみました。

トヨタ車体が販売する「コムス coms」です。

これは母用に購入したもの。 以前から田舎に住む母は買い物や通院の足に車を使っていますが
その母も今年は86歳!
年寄りの事故が問題となる昨今、実際問題として必要なのは事実なんですよねぇ・・

私が完全に今の仕事を辞め、自宅近辺で仕事をするようになるまで後2年は何とかして欲しい!!

そんな母も、最近また車を自宅のかべに擦ってしまった! 不慣れな外出先ならいざ知らず、自宅で擦ると言うのは問題。
ましてや、自分の友だちを乗せて良く出かける。 人様に迷惑を掛ける事は最小としたい・・

かといって、シニアカーでは移動に時間がかかったり、アップダウンの多く道路の整備も不十分ですからね・・ 

ずいぶん以前から日産やホンダ、トヨタもそうですが「スマートモビリティ」ってので社会実験をやっていますが、国にその気がないからいつまで経っても「社会実験」
結局は国は当てにならないので、自分で出来る事は自分でやろうと探した結果、今回のコムスです。
しかし、これ 新車で買えば80万ちょっとしますからねぇ・・ 後2年程の為に新車を買うのは無駄なので、中古を探して購入。
 しかし、出物が少なく値段も高いねぇ・・ 名古屋の「NTPカーモスト」と言う所がバッテリーを新品交換して40万そこそこであったので、ココで買う事に。
名古屋なら取りに行くことは可能!(陸送で6万と言われたので自分で取りに行きました。)

 早速、昨日の日曜日に知り合いで積載車を借りて取りに行ってきました。














片道3時間半、なかなかの距離でしたわ (^^;
最初、フックが後部しか無い・・ と言われてたのですが、前部にもあり素人作業ですがキッチリ固定することができました。










で、本日は早々乗れるようにナンバーの取得と若干の安全性向上策を・・

ナンバーは「ミニカー」登録なので、市役所の税務課へ行き登録。 諸費用は何もかからず・・
原付ならご当地ナンバーに出来たんですがねぇ!!


左の写真で判るように、ルーフ後にハイマウントストップランプ
ナンバー横に後部カメラを取り付けました。

ストップランプは今回Amazonで1000円程で買いましたが、カメラは以前買った物





電源はこの車にはオプションのシガーソケットが付いていましたので、そこから分岐

ルームミラー代わりなので、常時動作にしているのでキーONで映るようになってます。

モニターはダッシュボードも考えましたが接着性と、ルームミラーの位置を考慮し、左上全面に・・ ただこの車、内装ってのが無いので配線はAピラーに露出してるので少しブサイクですねぇ・・ しかもモニターのミニプラグ迄の線が短いので余計です・・

付けてから気がついたのですが、座高のある私はこの位置で丁度良いのですが、年老いて背中の曲がった母にはちょっと高すぎた!!



 ハイマウントランプはさすが値段相応で、接着の両面テープがタコでしたわ
粘着力の有る物で補修して、電源はストップランプより分岐









取りあえず、これだけの物を付けてまずは私がテスト走行

往復で 20km ちょっとにある知り合いの くるまや まで。 平地では60kmがほぼ最高速度
しかし、この車って 50km でリミッターがかかるような投稿を観たけどなぁ・・
私の実家は標高 127m程の髙地にあるので、行きは良いが帰りが心配なんですよねぇ・・


 
平地での走行

母が利用するルートを標高差でマッピングしてみました、一番勾配がきついのは5.7%ですがこれは比較的距離が短い
次に私の住む 町 の境から、家までの間が勾配は 4.2% 程度ですが距離が長い・・
全工程の半分、約2km程あるのですが私の体重(三桁まで何とかいかない)でも 40km程の速度で登る事が出来ました。

 まぁ、この程度の動力性能だったら母の行動範囲では十分でしょう。
 ちなみに、母の友だちの所はまた勾配のきつい (9.7%) 所にありますが、母の運転で問題無く行くことが確認できました。










月曜日, 5月 15, 2017

オイル交換

久々にBlogを更新したと思ったら、連続投稿かい!! (^^;

神戸まで出かけたついでにオイル交換です。
田舎に帰り、オイルも自分でオイル交換も出来るのですが価格調査の意味も兼ねて今日は東灘のショップで入れ換えてもらいました。

事前に相場だけを確認、GAREGE GIULIA(ガラージュリア)です。

  1L当たり 1,400円 今回 5.5L入ったので 7,700円
エレメントも手配できたので合わせて交換。 1,920円+工賃 2,000円
 税込み合計 12,550円でした。

オイルはワコーズの 10W-30
走行 46,141km
前回交換の車検時は 40,797km ですので、1年で今回は5,344kmしか走ってない。

ホント最近は乗る機会が減ってるわ

さて、ここで整理。 自分でオイル交換をする場合の費用。
まず、底抜きをするなら良いけれど、作業スペースの関係で上抜きをする場合道具が必要となります。
それと、廃油処理のオイル交換用処理箱

オイルチェンジャー \7,646  5.5L手動式 Amazon(パルスター)
パルスター(PALSTAR) ポイボックス 6.5L \1,144 Amazon
Mobil エンジンオイル モービル1 10W-30 SN/GF5 4L \3,434×2=\6,868+送料800=\7,668

オイルは4L缶を買う方が安くなるので2.5Lは無駄になるところがネックですね
この値段だとオイルと処理箱で 8,812円になってしまいます。
これにチェンジャーを2,3年使うとしての案分でみても1回あたり500円~1,000円を加算しなければなりません。

また、オイルエレメントもセントピアで ¥1,426+540=\1,966
となるのでトータルすればショップで替えてもらう方が安いかな・・ ただ、私の場合神戸のショップまで行こうとすると、高速台が往復4,500円近くかかるので他の用で出かけたついでに!
と言うパターンで無ければいけませんね。
あとは、地元の知り合いの整備工場でオイル持ち込みで旨く仕上げるか・・と言う事か。
次回までに検討しよう・・

住所変更 おまけ

無事ナンバーが変わりましたが、最後に落ちが・・ (^^;

後部ナンバーの封印、これは自動車会館の係員がやってくれるのですが、それまでにナンバーを付けようとしたところ

ナンバーボルトの所をよく見ると・・
雌ねじのナットが無い!!

この車のナンバープレートベースは単に日本仕様の位置に穴が空いていて、トランクとの間に2mm程の硬質ウレタンを両面テープで留めてあり、そのウレタンとベースプレートの間に四角いナットを挟み込んでいる仕様でした


両面テープで固定していたのが外れ、ナットを所定の位置に固定できず往生しましたわ・・ (^^;
取りあえず何とか、固定することが出来て係の人に封印してもらいましたが、まさかこんなことを想定していなかったので何も道具を持って言ってなかった。
良い勉強になりました。

ちなみに、前回付けて居たナンバーボルトのカバーが紫外線で焼けてしまい、絵柄が潰れてしまったので、今回新たに手配

例のごとく ebay で購入。
$14.56 日本円で1,600円程

今回も中国からの発送でしたが、しっかり追跡番号もありレスポンスが悪いけれど、現在どこにあるかを追跡することができました。






住所変更 その2

車庫証明が手に入ったので、本日 5/15 に陸運局へ・・
兵庫県には姫路と神戸に別れ、淡路は神戸運輸監理部兵庫陸運部の管轄
朝9時前に東灘の陸運部へ出発! 小一時間かかりますねぇ
ナビに住所をセットしても、私の車のナビでは検索出来ない・・ (^^;
地図上で場所をセットしてルート案内出来る様にしましたが、ここってそんなに新しくないのに何故でない!?
事前に調べて置いて良かった

奥に陸運部、右手に自動車会館。 その前に封印を行う車の為の駐車場が有ったのでそこに止めてイザ手続きへ・・

初めての手続きで、どこへ行けば良いのか判らないが取りあえず案内板にある「変更登録」が今回の住所変更に必要な手続きらしいので、その書類を確保すべく「自動車会館」へ・・

 以前、和歌山でリース会社名義を私名義に変更に行った時はこんなに人は居なかった・・ さすが神戸 (^^;

取りあえず、この手続きに必要な書類を探してまずはそこからスタート



実際には手続きが前後して行ったり、来たりしたのですがまとめなのでココではスムーズに行った場合の手順を

1.陸運部に行く時に持って行く物としては
  ・自動車保管場所証明書
  ・住民票
       ・車検証
      ・希望番号予約証交付の為のバーコード
    2.着いたらまずはナンバーを取り外す
    3. 12番の希望番号予約済票を交付してもらう
    4.手数料を納付し、ナンバー返却


ここで、初めて様式-1の申請書を記載し、一連の書類を提出できる事になります。

このOCR用紙に記載が終わると
・車検証
・自動車保管場所証明書
・住民票
・希望番号予約済票
・ 手数料納付書
を揃えて窓口に提出
陸運部には質問出来る様な受付がないため、最初私は持って来た書類だけで様式1を出し、窓口の人に教えてもらう・・と言う手順で行ったので何度も自動車会館との間を行き来してしまい、無駄に時間を浪費してしまった (^^;

書類に不備がなければ、待つ事10数分で 新しい車検証と「登録事項通知書」を受け取ります。
この申請の時に希望番号予約済票を先に取りに行ってなかったため、違う番号の車検証が発行されてしまい、再申請で時間を取ってしまった(^^;

5.自動車取得税申告
 車検証と登録事項通知書を持ち、自動車会館16番で「自動車取得税・自動車税申告書」を作成し提出
 これをすることにより、来年から新しい住所(現住所)に税金の請求が来るわけですね。

6.ナンバー交付
 これで晴れてナンバーの交付「登録事項通知書」と「希望番号予約票」
をもって 自動車会館12番でナンバーをもらいます。

雑然と整理されてますねぇ。。











住所変更

和歌山から田舎の淡路へ転宅してきて半年
ようやく落ちついてきたかな・・
ズッと思案していた車の住所変更、結局することにしました。 勉強がてら全て自分でやってみましょう!

基本的な手続きはそれなりのサイトがあるので、ここは自分の備忘録と言う事でとりまとめ。

まずは、車庫証明。 事前にネットで落とした各種申請書に記載して所轄の警察へ・・
・保管場所使用権疎明書面(自認書)  ・・・・・ 保管場所の所有権が自分にあることの証明
・自動車保管場所証明申請書      ・・・・・ 俗に言う車庫証明の申請書
・保管場所標章交付申請書        ・・・・・ 車に貼る車庫証明の標章の交付申請
・保管場所の所在図・配置図       ・・・・・ 保管場所をわかりやすく記載した図面
                              これを元に後日調査に来ます。











車庫証明の申請は連休の真ん中5/2に申請したので、現地調査は連休明け
それでも5/10には証明書と標章を受け取ることができました。
費用は 2,700円(証明書2,200円、標章500円)

で、この申請をしている間に希望ナンバーの申請をしました。 別にナンバーにこだわりはありませんが、今のナンバーはディーラーが「希望ナンバーはサービスで・・」と言う事だったので、前車のW203と同じナンバーにしてたのでそのまま引き継げれば・・と思い、同じナンバーで申請

HPの「希望番号申込サービス」から申し込む事ができます。
基本的には「88-88」とか「・・-・1」と言うような特殊なナンバーで無ければ 抽選にならず「一般希望番号の申し込み」から申し込む事ができます。

当然、申し込み出来るのは4桁の一連指定番号だけですが、今回私が申し込んだ時には「ひらがな」の部分も同じ物にしてくれました。
結果、変わったのは 和歌山330が神戸331になっただけでした。
 申請すると画面で進捗を確認することが出来ます。

GWを挟みましたが、一週間程でナンバーは出来上がるようです。

ナンバー交付当日は、このバーコードを印刷して持って行くだけ。
希望ナンバー費用は 4,100円(因みに希望無しの場合1,440円)
この、ナンバー交付費用ってのは都道府県によって結構差があるんですね!
知らなかった・・・ ここに一覧表がありました。

 ここまでの費用が6,800円
次は、イザ陸運局へ!!